おはようございます!

急に秋めいてしまって嬉しいやらとまどうやら

一番大好きな季節だから
早く秋になってほしいけど

始まるとあっという間なので惜しい気もする・・

まあ、よくばりな性格なわけです

そして秋がくると
いそいそと始めるのが

栗仕事とりんご仕事
栗はこれからなので

先月末のお菓子レッスンでも取り入れた
りんごのコンポートのご紹介

りんごのコンポートはそのまま食べてももちろん美味しいですが
お菓子に入れてもパンにのせても
ヨーグルトに入れてもオールマイティに楽しめます

糖度がジャムより低いので日持ちはあまりしませんが
そんなときは保存用密封袋に入れて冷凍すればOK!

コツさえ覚えておけば失敗しないでできるのでぜひお試し下さいね!

「基本のりんごコンポート」

IMG_0110



レシピはこちら


基本のりんごコンポート

基本のりんごコンポート

by とさかりえ

調理時間:30分
Comment

りんごのみずみずしさが残るように加熱時間は少なめに作りましたふだんのおやつにどんどん作ってほしいです

このレシピを詳しく見る



コツその① りんごをカットしたら砂糖をまぶして置いておくと
      浸透圧で水分が出て来て早く火が通りやすくなります
      また、砂糖の量は皮と芯をのぞいた量の25%位が私は好きです

コツその② 弱火でコトコトなシチューのおばさん風なイメージがありますが
      火加減は中火の強でなるべく一気に火を通し15分位まで
      それ以上は予熱で火を入れ煮崩れを防ぎます

コツその③ 酸味はりんごの種類によって違います
      紅玉は酸味がありそのままでも美味しいですが
      他のりんごは酸味が少ないのでお好みでレモン汁を加えます      
      
銅鍋は熱伝導がよいので短時間で火が入り、ジャムやコンポートには最適です
普通のお家に銅鍋があるのか??

もちろん普通のお鍋でOK
私は少量の時はクリステルの14㎝の鍋で作ってます
厚めのお鍋の方が焦げにくくオススメです

コンポートが出来たら
こんなケーキもすぐに焼けるはず!

「りんごのタルト」

IMG_0064




タルト生地に
アーモンドクリームを塗って焼き
途中でオーブンから出し
コンポートをのせてシナモンをたっぷりとかけて再び焼きました



秋のおやつにもってこいですね!

そしてお菓子レッスンではロールケーキの中に入れて巻きましたよ

生徒さんの作ったケーキ画像撮り忘れ

こちらは私が試食用に焼いたロールケーキにコンポートを添えたもの

IMG_0104

ふわふわ生地にシャキシャキりんごがよく合います
翌日には娘達
パンにコレでもかという位のせて食べてました
パンにのせてるんだか
コンポートにパンをのせてるんだか・・・




レシピブログに参加中♪


ポチッと応援よろしくおねがします〜!

エッセのプラチナブロガーをさせていただいてます
t01400042_0140004211973162440




BRUNOアンバサダーさせていただいてます
o0120012012889794495


読者になっていただくと
更新情報が受け取れます〜!↓クリック!