昨日はダンナサマのお誕生日でした

前々からムスメ達はシチューを作ってパンを焼いて

「お母さんはケーキ焼いてね!」と計画していました。

そして次女はせっせと手紙を書いていました。


東京はモノの買い占めだとか、計画停電だとか、余震も夜中にも何度かあるので

まだまだいつものようではないけれど


それでも少しづつ落ち着きは取り戻しつつあります。

そんな中で誕生会とは・・・とも思いましたが


ムスメ達の気持ちを想うとやっぱりやろうかな!と。これで少し元気になってくれるといいなと。


実は2年生の長女は腹痛が治まらず、毎日ちょっとづつ弱音を吐いているので・・・


ケーキもパンもシチューも作れなかったけど

近所で一生懸命営業していたケーキ屋さんにカットケーキを買いに。


「誕生日に買って来たケーキは初めてだね~」なんてダンナサマもおどけながらカットケーキにむりや

りたくさんのロウソクを灯して大きな声で「ハッピーバースデイ」


次女から質問がたくさん書かれたお手紙のプレゼント


停電こそはなかったけれど、最低限の灯りの中で暖かい特別な忘れられない誕生会となりました。


辛いときにはツライと言って、困った時には困ったと言って。思いを受け止めてあげることがなによりも大切。大人もしんどいけど、まずは子ども達!!

ちゃんとケアしてあげましょうね!!!

もう少し、もう少し!!