「はらぺこあおむし」という絵本をご存知ですか。カラフルな表紙なので絵本をみたら、思い出すかもしれません

葉っぱの上に小さなたまごがポツンとあって、中からポンっと生まれるあおむし

毎日色んなものを食べて大きくなり、やがてサナギになりキレイなチョウチョになるのです。

言ってみればただそれだけ。
でもこの本、子どもに絶大な人気なのです。特に3歳児はワタシのデータからすると100%飛びつきます。

うちの家の絵本ももうボロボロです。幼稚園のもツギハギだらけ・・・。

特にストーリー性を求めがちな大人ですが、心に響く物ってその時々で全然違うんですよね。子どもによって楽しみ方も違うから何人かで読むと大変同じページをずっと開きたがる子、小さい果物のページをドンドンめくって行きたい子、ゆっくり戻りながら確かめたい子、全部の食べ物の穴にゆびを入れてみたい子・・・
そのうち引っ張り会いになってしまうのです!

それはツギハギだらけなはずですよね

心に残る絵本、たくさん出会えるように!!

昨日より今日より良い一日!!