すっごい大きな愛媛産の栗を頂きました。
以前の和泉シェフの講習会で聞いたのですが全国で3位の生産だとか。

栗ってどう食べるか迷いませんか?

茹でると剥いてたべるにはかなりの労力

でも半分に切ってスプーンですくうとなんだか全部食べ切れてなくて残念な気持ち

どうせなら

すっごく時間かけてみよう~


ってことで去年から栗の渋皮煮を作ってます。


今年最初から大きな栗デスよー

photo:01



熱湯に栗をいれて冷めたらむきます。

水につけといただけの物よりよくむけます。

でこの作業までで2時間位かかってる!!

そして重曹入れて煮て重曹入れて煮て重曹入れて煮て・・・・

と、魔女みたいにおよそ3回


ここらで段々飽きてきます


そして渋皮のむき切れてないところを楊枝でとり、また煮こぼします。


気分転換にここで何故かてごねで食パンを作りはじめます

そしていよいよお砂糖で煮ますが

これも数回に分けないと浸透して柔らかくならないのですよー


もう食パンも一次発酵中です。

そして私は最後にラム酒をいれます。


と、ここでナント






ラム酒と思って入れたお酒が




カルーア



自分でビックリ



でも遅い!!さらにラム酒をいれてみました


午前中始めてもう夕方だっていうのに

カルーア・・・


てなわけで、


ラムーアマロンの完成です。



ガッカリ・・・・



ところがこれが


美味しかった!!!



甘めではありますが意外と合う


デスので予定通り

photo:02



ラッピングしてお土産しました~


食パンもきれいに焼き上がり


事なきを得たのでした



これから過ごし易く季節の中で一番好きな「秋」です

特に秋の夜がいい!!

虫の音をBGMに柔らかい灯りをともして1人でじっくり何かと関わるひとときデスよ

渋皮煮も秋の夜長の家仕事にピッタリですね!




昨日より今日はより良い一日!!