ESSE Premium Summer Party 2016 in 八芳園

以前の記事はこちら→その1 その2 その3 その4

 

最終回になりました

 

キッコーマン株式会社

しぼりたて生しょうゆのご紹介です

 

お醤油のパッケージって実はず~っと変わらなかったんですね

image

 

おなじみのペットボトルになったのが1977年ごろ

 

そしてパウチが2010年だから30年以上ペットボトルだったといううわけです

もちろん今でも瓶もあるしペットボトルも売っていますが

 

パウチも密封ボトルの販売もキッコーマンさんが最初だったそうで

 

これはすごい!!

 

だって醤油といえば劣化していくものだから

と小さい小瓶に移し替えてテーブルに置いてもそれでもその中身が劣化しちゃって

なんだかな~って思っていたものが

最初はこの密封ボトル

正直にわかに信じられませんでした

 

でも実際に購入してみると違いが歴然だったのを憶えています

他の容器に比べて酸化するスピードが格段に違いました!

 

image

 


「しょうゆの鮮度を保つ機能はそのままに、パウチ容器から使いやすさを進化させた、二重構造の「やわらか密封ボトル」を採用しています。
ボトルを押すとしょうゆが出て、戻すと止まる「押し出し式」なので、一滴から欲しい分まで、あらゆるシーンで自在に調節でき、注ぎすぎることなく、失敗なく料理が仕上がります。
片手でも注ぎやすく、スムーズな料理の流れを止めることがありません。
最初から最後まで容器が変形しないので、使いやすさが変わりません。」

 

※キッコーマンHPより抜粋

進化ってすごいことですよね、簡単にさらっと書いてはありますが

食卓でこんなに便利になるなんて~

 

この柔らかボトル

 

これは本当に画期的!

一滴ずつ本当に出てきてくれるし

注ぎやすい

 

image

 

このボトルに出会ってからは卓上用はこれと決めています

でもいろんな種類が売ってて

買う時に迷っていたんです

 

このしょうゆ色のパッケージが

一番いいのかな~なんて笑

 

しか~しそこにはお料理の「用途」の違いがあったんですね!

 

生しょうゆは

熱処理されていないのでさっと調理して仕上げに使ったり

お醤油本来の味を楽しむ時に向いているのに比べ

 

加熱してあるしょうゆは色も濃いので

煮物などじっくり煮込む料理に向いいているんだそう

 

なるほど~!

 

なので今回試食に頂いたのが

 

「ステーキ!」

 

image

 

そう、シンプルにいただく時こそ

 

生しょうゆ

 

ってわけです

 

なるほど、確かにお肉の味を邪魔せずに程よい塩味と風味でバランスがいい美味しさに仕上げてくれています

 

いやはや、お醤油、面白い

 

image

 

 

こ~んなに種類があるんですもの

せっかくだからいろいろ試して

自分の好みにあったり用途に合わせて使えるようになりたいなと思いました!

 

 

 

 

以上で今回は終了ですが

 

最後には恒例のくじ引き大会~!

 

そして今回も当たらず~

いいんですいいんです、もっとお楽しみは大きく待つことにします~!

 

 

また、ESSEですが

 

なんと35周年を迎えるとのこと!

 

私もプラチナブロガーもう何年目?

エッセの誌面にも出させていただいたり

楽しませてもらっています

 

 

ESSEオンライン

というサイトがとても面白くって

私はツイッターでフォローしているのですが

日々の家事の情報やレシピなど小ネタが満載で

いつも「ほほ~う」と眺めています

 

そして今回

image

 

主婦応援プロジェクト

shu_fu of the year

なるものを開催するそうです

 

主婦といっても今はいろんな表現の仕方があると思います

私もこれからもまだまだ頑張らないとな~

もっと輝け!シュフ~!