今朝はママ友LINEで
都立高校の第一志望希望予定が出されたね〜
という話題に

年も開けて、中三、受験生
いよいよ決戦です

それにしても「高校受験」
いつからこんなに複雑になったのか
先輩母さんがいなかったら何かを忘れてるところです

我が家のJCも夏休みから何校も学校見学にいき
受験生である事は自覚がでたのですが→ようやく笑

今回一番大変なんだと思ったのは
2020年度にセンター入試改革があるために
どの学校もそれに基づいた「我が校はこんな教育をしていきます!」
みたいな説明をしていたことで、なんだか大変らしいぞ〜と

ほ〜う
入試改革をしていく中で
考えて答えを出す能力をもっと引き出したい
だから記述式も取り入れるのですか

英語も力をいれるんですね〜
なるほどなるほど
グローバルな社会。コミュニケーション能力を育てる教育

ほ〜う・・・

そしてそのために、色んな取り組みを高校も始めてるって訳ですね
座って先生の話しを聞くだけの受け身の授業からディスカッション形式にしたり
自分たちで発表し合う様な積極的に取り組む授業をしていくと・・

でも、急に生徒が主体的に行なう活動をやって、子どもたちがついていくのかしら?
と、素朴な疑問もありましたが、やるしかないって事でしょう
実際にこれからの学校教育はどんな感じになっていくんでしょうね、
それはとても楽しみです

他にも「高校受験」は仕組みが難しい・・

都立の内申点や当日点のしくみ、
進学指導重点校やら推進校やら、単位制やらなんやらかんやら・・
そして内申をとるためにはこれくらいの点数とってこんな活動をしてなどなど

私立に関しても教育方針がほんとに様々で聞けば聞くほど混乱〜
大学付属がいいのか、進学校がいいのか、はたまた何かに特化しているところがいいのか
どこでも受験出来るけど電車、バス、自転車通学手段も場所によっては
距離が近くても通いにくかったり
実際に行って見ると思っているよりもずっと遠かったり・・


などなど

これ、子どもに任せていたらとんでもないことになりそう・・

私も東京出身ですが、こんなにフクザツじゃなかったな〜
昔は都立に「グループ合格」なんていう制度もあって
第一志望に合格しなくても定員割れしてる都立にど〜んと何十人も合格できたり

今はそういう制度や繰り上げ合格もないとか

補助金に関してもとにかくややこしい
そして、所得制限もあるので現実は中々思うようにはならず、厳しい〜

そして、
親子で一生懸命考えて出した志望校を決め→ほんとにたくさん悩んだ〜!ケンカもしたし〜!

受験料の振込に行きました

窓口で支払いを済ませると

「頑張って下さい」

IMG_5603


合格祈願を頂きました

「ありがとうございます」

って言いながら
なんだか、泣けてきそうになっちゃいました

願書出して、結果が出てようやく一安心なのですが
思ったよりも大変な道のりだったな〜って

うんうん、私、頑張ってるわ笑



後少し、春はもうすぐ!受験生の母!頑張りましょうね!











レシピブログに参加中♪


ポチッと応援よろしくおねがします〜!

エッセのプラチナブロガーをさせていただいてます
t01400042_0140004211973162440




BRUNOアンバサダーさせていただいてます
o0120012012889794495


読者になっていただくと
更新情報が受け取れます〜!↓クリック!