ちょっと日があいてしまったのですが・・・

9月末に「ヤマキだし部」のイベントで
だし部の皆さんと一緒に水上工場へ行ってきました!

調布〜水上へ

新幹線なんて何十年か振り
しかも一人で行くだなんて〜!と、大人の遠足に前日からテンション上がりまくり笑

2017-09-28-12-04-26


とき号でGO!

しかし、駅弁を楽しむ間もなくあっという間に

2017-09-28-12-53-01


最寄り駅上毛高原駅に到着

ちなみに「上毛」が読めず、駅検索の時点で焦る・・「じょうもう」と読むんですね→日本地図勉強不足が今になって後悔される・・

ぐんまちゃんがハロウィンバージョンでお出迎え
だし部のみなさんとも合流出来て一安心

お迎えにきて頂いた工場の方に連れられ車で数分

2017-09-28-16-00-45


群馬らしい風(上州空っ風?)吹きながらも
ほんとにいいお天気!

2017-09-28-13-02-22


ヤマキさんののれんのお出迎えです

そして奥には
DSC09772


一見、何かわからなかったのですが

かつおぶしでてきているこれは・・・遠くから見ると「かつお!」
工場長さんに教えて頂き納得!

DSC09779


迎えられて入ったお部屋にはこれまたハロウィンの基本のおだしが並べられています
いつもおもうのですが
ヤマキさんの方々はいつも心がこもったおもてなしをしてくださり
ちょっとした事なのですがほっこりさせられます!

そして今回は

ヤマキのめんつゆが出来るまでの工場見学をさせていただきました
部屋中におだしと醤油の良い香りが広がっていました

DSC09791


工場の中は撮影NGですが
係の方が説明して下さいながらめんつゆの調合から充填、包装、箱詰めまでを見学

本当にシステマチックで驚きました!工場の中の人の数が少ない事!
これだけ管理された中で作られているので安心、安全なめんつゆが一度にたくさん作られるのですね!


ヤマキさんは「かえし」にとてもこだわってめんつゆを作られているそうで
何百軒もおそば屋さんを巡って研究に研究を重ねたそう

ちなみに「かえし」は

木揚げ醤油を加熱し、香りを引きだたせてから、みりんや砂糖、塩などの調味料を加え冷やして熟成させるという事です

ちなみにヤマキのめんつゆの味は日本全国どこも同じ味だそうです

DSC09793


このボトルの首に貼ってあるラベル
裏にレシピや伝えたいメッセージが書かれているいわば
ヤマキさんと消費者さんとのコミュニケーションツールなんだそう

普段実は気に留めていなかったので
これからはこまめにチェックしてみようと思いました!

そして、普段は入る事の無い研究室にお邪魔させて頂き

オリジナルのそばつゆを作らせて頂きました

DSC09800


5種類のだしに
ヤマキさんの熟成かえしを入れてブレンドします

DSC09798



だしとかえしの割合は大体5対4位だそう

DSC09802


早速調合!みなさんお好みのだしをブレンドしながら作っています



色々味見をしながら・・・
DSC09806


私はこの3種類をブレンドして
DSC09805


オリジナルのそばつゆ完成!

DSC09808


早速試食!
微妙な違いですが
自分で作った愛着が勝って、一番美味しく感じました笑

そして

DSC09812


かつおぶし工場で使われている削り起の縮小版で
けずりたてのかつおぶしを!
DSC09813


ふわっふわ!
そして生ハムの様なつやがあります!

ひたすらいただきまくりこっそり「おかわり」までしてました笑

DSC09816


そしてこれをおゆと味噌が入った中にたっぷり入れると



2017-09-28-15-16-33



沖縄の「かちゅー湯」なるもの完成

初めて頂きましたがおだしを直接感じられて美味しい事!


そしてこれからのだし部のわくわくなお話を伺いつつ
最後は交流会まで!

ほんとに楽しい工場見学でした!

ますますヤマキさんが大好きになった今回のイベント
基本のだしを使ったレシピもまだまだ作っていきますよ〜!



2017-09-28-15-41-10


ヤマキの社員の皆様、ご一緒できただし部の皆様
ありがとうございました!

ヤマキだし部 おだしレシピ
ヤマキだし部 おだしレシピ



レシピブログに参加中♪


ポチッと応援よろしくおねがします〜!