レッスンに行く時間を1時間、間違え
そんな自分にがく然としながらも

今回も楽しくレッスン行ってきました〜

生海苔が入ったリュスティック

一見びっくりする様な組み合わせですが
雅子先生のお話に

なるほど〜!!と

高橋雅子先生の「わいんのある12か月」に6年通って

小学生でいえば入学していつの間にやら
最上級生

ここに来てようやく色々見えて来た気がします
他の人より遥かに道のりが遅かったのは

早く色々学びたくてそれを自分のレッスンに反映させたくて
間に難しいこと挟みすぎてわけがわからなくなり
パンの事考えるのが辛くなり
一時期パン焼くのも教えるのも嫌になり→初告白?笑

本当に素朴なパンばかり焼いて逃げていたと思っていたけれど

そうやって日常でパンを焼き続けてると

あ、逃げてるんじゃなくて
こういうパンが好きだったんだなと思える様になって

理論的にパンを焼いてそれが美味しいのが理想かもしれないけど

家族や友人が喜ぶパンを
自分が食べたいパンを
作り続けよう、楽しんで焼こうと思える様になったら

逆に色々な事が見えて来た気がしました

娘たちが英語の絵本見ながら
英語歌や物語のCD聴いて覚えて劇をする「ラボ」という習い事

中学の英語が始まっても成果が全然出なくて
正直これでいいんだろうか?
将来的には役にたつだろうけど
こんなところでつまづいているんじゃないか?と心配したのですが

ホームステイ行ったり、諦めずに英語劇を取り組んでいくうちに
「なんだか学校英語も全部わかる!」って
自分に自信を持てたのか
伸び伸びと英語の勉強に取り組む様になって

気づいたら随分伸びてた!という感じに似てる気がしました

(この感覚はラボの親しかわからないと思いますが笑)

私の場合は
このレッスンに通い続ける事で
新しい発見を
いっぱいいっぱいメモして復習して
自分に落とし込み
その後の長いスランプの時は
楽しいイベントに参加させてもらったり
雅子先生や
ここで出会った友人たちに勝手に勇気付けられたりして
気づけばこんなに長い間
パンと関わり続ける事ができました

毎回色んな発見があって
本当に楽しいし
また、そこに集まる人々の個性的で魅力的な事!

これも私の財産だなー!!
と、しみじみ〜

image


雅子先生のトレードマークの様な

ねじねじパン

やっぱりカッコいい!

今朝の朝ドラ「ひよっこ」みたいに

「大好きなんですよ、ほんと!」


って
叫びたいくらいです笑










レシピブログに参加中♪


ポチッと応援よろしくおねがします〜!

エッセのプラチナブロガーをさせていただいてます
t01400042_0140004211973162440




BRUNOアンバサダーさせていただいてます
o0120012012889794495


読者になっていただくと
更新情報が受け取れます〜!↓クリック!